石橋義正 ISHIBASHI Yoshimasa 映画監督・映像作家

1997年に製作した映画『狂わせたいの』はストックホルム国際映画祭正式出品、第8回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞、京都映画祭奨励賞を受賞。1998年より「キュピキュピ」を主宰し、国内外で映像やインスタレーションの展覧会、ライブパフォーマンスの活動を続ける。2000年に異色のTV番組『バミリオン・プレジャー・ナイト』製作・監督。また2002年より製作し続けられている、出演者がオールマネキンという短編 TV 番組シリーズ『オー!マイキー」 がベルリン映画祭に出品されるなど海外でも高い評価を得、2005年日経エンターテインメント『世界が認めた日本のヒットメーカーベスト 100』にあげられる。新作映画『ミロクローゼ(山田孝之主演)』が2012年に劇場公開、多数の海外映画祭にも招聘され、モントリオール・ファンタジア映画祭で最優秀監督賞など受賞。常に最新のテクノロジーを取り入れた実験的な映像、計算し尽くされた空間構成、美術、音楽、衣裳、ヘアメイク、特殊メイクと細部に至るまで、 独自の美意識溢れる斬新かつ緻密な表現手法は、唯一無二である。京都市立芸術大学美術科准教授。

近年の活動:
2010年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)にて個展『SickeTel』
2015年 PARASOPHIA 京都国際現代芸術祭に参加 新作インスタレーション『憧れのボディ/ Bodhi』発表

舞台演出:
2011年 『伝統芸能バリアブル』(KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭)
2012年 キュピキュピ『アトメスッパイ』(高知県立美術館ホール)
2015年 新作公演『ZERO ZONE』(京都芸術センター)

石橋義正
photo1
photo1
photo1
photo1
photo1
photo1
photo1